GALLERY

M・A GALLERY /  VOL .19  
デヴィット・メデル デジタルメディア展 / SHAPELESS SQUALOR

 

期間: 2020/02/01(土)〜02/29(土)  
※入場無料
PM 22:00〜AM 05:30[日,月曜定 休]   OPENING PARTY  02/01(土)19:00~ CHARGE¥500
BAR TIME営業中にご覧頂けます。
目黒・青猫  TEL 03-3711-0612   
《PROFILE》
メキシコ生まれ。デジタルに技術や構造を使用し、感情を表現する事を目的とした作品を作っている。
彼の技術は、方向性とデジタルイメージにより異なり、コンピュータ化されたアートや彫刻、3Dデザインを様々な素材とテクスチャで表現している。
2011年に米国のシカゴ、美術研究所に入社、学生時代にシカゴとスペインでいくつかのアート表彰を受ける。その後マドリッドのFM ROCKラジオ局で2年間働き、滞在中にレポーターと音楽解説者としての経験を得る。
同年、マドリッドコミュニティーの公的活動に参加、ベルリンやナポリを含むヨーロッパ都市で名を知られた。
2018年、写真家やグラフィックデザイナーなど様々なプロジェクトにゲストアーティストとして参加し、東京都に移住。
製品デザイナーとして『相撲と東京』の主催者とコラボレーションをする。
2017六本木アートナイトに参加し、岩田康平、小高拓郎など、日本の重要なコンセプチャルアーティストと多くのプロジェクトを開催。
2011年シカゴ・ステートユニバーシティ・アートフェア上位5位に入選。
2018年2月に自信の日本での初めての展覧会『INTERDIMENSIONAL GEARS』を自由が丘にて開催。

M・A GALLERY /  VOL .18        石丸元章  /  東京キララ社  /  M・A|目黒青猫 協賛

ヴァイナル文學選書 - 新宿歌舞伎町篇 - EXHIBITION IN 目黒

 

この度、東京キララ社、石丸元章氏 協賛により、ある「街」を舞台とし、ある「街」でのみ流通する、新たな文學シリーズ、『ヴァイナル文學選書』の第一弾、- 新宿歌舞伎町篇 - のEXHIBITIONを目黒にて開催致します!SPゲスト、豪華メンバーによる、朗読会、トークショーも行います。〈会期中はヴァイナル文學選書の全展示、本の販売、また、ヴァイナル文學選書の専属カメラマン、永山 竜弥 氏による写真展もあわせて行います。〉東京キララ社が現代の出版業界、出版状況に一石を投じた、話題の文學シリーズ第一弾! 著者、制作メンバーのクレジットを見てもわかるように文学ファンならずとも必見のイベントです!

ヴァイナル文學選書01 「新宿歌舞伎町篇」 ラインナップ
『聖パウラ』  作 石丸 元章 /『鬼畜系ゲームブック熊猫』 作 海猫沢 めろん /
『北新宿2055』 作 漢a.k.a. GAMI /『あたしを溺れさせて。そして溺れ死ぬあたしを見ていて』作 菊地 成孔 
価格/各1000円 発行/東京キララ社 ※ 会期中販売あり
制作メンバー: デザイン:井上 則人(井上則人デザイン事務所)/ 写真:永山 竜弥 / 編集:辻 陽介
ヴァイナル文學選書 オフィシャルページ http://tokyokirara.com/information/1958/ 
 
ヴァイナル文學選書 - 新宿歌舞伎町篇 - EXHIBITION IN 目黒
期間: 2019/08/24(土)〜09/28(土) 
※入場無料   
月~土 PM22:00〜AM5:30 日 PM22:00〜AM5:30
BAR TIME営業中にご覧頂けます。
M・A|目黒 青猫  TEL 03-3711-0612 

 

enent information
08/24 sat /   オープニングパーティー  (朗読ライブ、トークショー&サイン会 VOL.1)
SPゲスト  石丸 元章/漢a.k.a. GAMI/永山 竜弥
OPEN 19:00 START 19:30 - 21:30  参加費2000円 (ご希望のヴァイナル選書一冊付/ドリンク別)
定員20名程 ご予約席もご用意しております   M・A|目黒青猫  tel 03-3711-0612

  

09/14 sat  /  朗読ライブ、トークショー&サイン会 VOL.2
SPゲスト  菊地 成孔/石丸 元章/中村 保夫〈東京キララ社 代表〉
OPEN 19:00 START 19:30 - 21:30  参加費2000円 (ご希望のヴァイナル選書一冊付/ドリンク別)
定員20名程 ご予約席もご用意しております   M・A|目黒青猫  tel 03-3711-0612

M・A GALLERY /  VOL .17    新宿DUG  /  東京キララ社  /  M・A|目黒青猫 協賛

中平 穂積  写真展  
JAZZ GIANTS 1961-2013


この度、新宿DUG、東京キララ社、協賛により、数々の文化人が愛し、日本のカルチャーの集合点と言われる伝説的なJAZZBAR、『DUG』http://www.dug.co.jp/ https://greenz.jp/2015/02/24/otomachi_dug/のオーナーであり、また、日本のジャズフォトグラファーのパイオニアである、中平穂積氏による写真展、また、トークイベント、実写フィルム上映会を開催させて頂く運びとなりましたのでお知らせ致します。中平穂積氏による、ジャズの巨人たちの歴史的瞬間、生き様に迫る肖像を是非この機会にご高覧ください。ジャズファンのみならず、必見のイベントです!
中平穂積 写真展     Hozumi Nakadaira Photo Exhibition
JAZZ GIANTS   1961-2013
企画協力 : DUG                   http://www.dug.co.jp/
                 東京キララ社        http://tokyokirara.com/
                 M・A|目黒青猫   https://www.ma-aoneko.com/  
期間: 2019/05/11(土)〜06/11(土)  
※入場無料    
月~土 PM22:00〜AM5:30 日 PM22:00〜AM5:30
BAR TIME営業中にご覧頂けます。
M・A|目黒 青猫  TEL 03-3711-0612   
enent information

5/11sat /  オープニングパーティー (中平穂積氏トークイベント) 
OPEN19:00-22:00 参加費1000円(ドリンク別) 定員20名程 ご予約席もご用意しております。 
5/25sat  / 中平穂積氏  実写フィルム上映会 (john coltrane,Newport Jazz Festival,1966 /Miles Davis,Newyork central park,1969 )
OPEN19:00-22:00 参加費1000円(ドリンク別) 定員20名程 ご予約席もご用意しております。...

M・A  GALLERY  /  VOL.16  
福本 清華 ドローイング展 / 睦月

 

期間: 2019/04/02(火)〜04/30(火)  

※入場無料

PM22:00〜AM5:30[月曜定休]
BAR TIME営業中にご覧頂けます。
目黒・青猫  TEL 03-3711-0612   
《作品に寄せて》

『あなたが孤独に耐えられない時、ずっとそばにいる。

あなたが本当に孤独ではなくなった時、私は飛び立つ』

《PROFILE》

ニューヨークのトークショー出演をきっかけに、NYでのギャラリー展示、また、ヨーロッパ、カナダのアートイベント等幅広く出展。また、制作分野もミックスメディア、画家、映像、写真、服飾と、多岐にわたり国際的に活動中。

Japanism - 12" X 12" Group Art Exhibition LONDON・PARIS・NY
中目黒 SPACE M Solo Exhibition ETC

M・A  GALLERY /  VOL.15  
高橋 塁  ドローイング展 / DOUBLE


期間: 2019/03/01(金)〜03/31(日)  
※入場無料
PM22:00〜AM5:30[月曜定休]
BAR TIME営業中にご覧頂けます。
目黒・青猫  TEL 03-3711-0612   
《作品に寄せて》
美学校 造形基礎Ⅰ終了。
人物画像の断片を素材とした絵を制作。いくつかのイメージの断片を束ねた一連の小品群を展示致します。平行世界を扱ったSFに着想を得て、同じでありながら違う存在、イメージのダブリというようなものをテーマとしています。

M・A GALLERY /  VOL .14  
和小物 凛  和小物展 / 和小物展-2019


期間: 2019/01/05(土)〜02/28(木)  
※入場無料
PM22:00〜AM5:30[月曜定休]
BAR TIME営業中にご覧頂けます。
目黒・青猫  TEL 03-3711-0612   
《作品に寄せて》
和風のアクセサリーや小物を主に作っています。
国内の人のみならず、海外の人にも喜ばれる作品作りを心がけています。
和風のものは、主につまみ細工と巻き玉のアクセサリーです。
つまみ細工は、正方形の布を折り、組み合わせてお花の形にしたものを、ピアス、イヤリングや髪飾り、着物に使う帯留などにしています。
巻き玉のアクセサリーは、ビーズに糸を巻きつけ、紙風船に見立てたピアス、イヤリングです。
他にも、レジンや季節のアクセサリーも作っています。
WORKS
都内、関東中心にハンドメイドマルシェやARTイベント等に出店。
また最近では、和風のアクセサリーや小物を作るARTISTと、『cain sweet』というチームを結成、初回は寺フェスでの出店、今後催事等などでの出店も幅広く計画中。

M・A  GALLERY / VOL . 13  
デヴィット・メデル デジタルメディア展 / 構成的シナジー

 

期間: 2018/12/04(火)〜12/31(月)  
※入場無料
PM22:00〜AM5:30[月曜定休]
BAR TIME営業中にご覧頂けます。
目黒・青猫  TEL 03-3711-0612   
《PROFILE》
メキシコ生まれ。
デジタルに技術や構造を使用し、感情を表現する事を目的とした作品を作っている。
彼の技術は、方向性とデジタルイメージにより異なり、コンピュータ化されたアートや彫刻、3Dデザインを様々な素材とテクスチャで表現している。
2011年に米国のシカゴ、美術研究所に入社、学生時代にシカゴとスペインでいくつかのアート表彰を受ける。その後マドリッドのFM ROCKラジオ局で2年間働き、滞在中にレポーターと音楽解説者としての経験を得る。
同年、マドリッドコミュニティーの公的活動に参加、ベルリンやナポリを含むヨーロッパ都市で名を知られた。
2018年、写真家やグラフィックデザイナーなど様々なプロジェクトにゲストアーティストとして参加し、東京都に移住。
製品デザイナーとして『相撲と東京』の主催者とコラボレーションをする。
2017六本木アートナイトに参加し、岩田康平、小高拓郎など、日本の重要なコンセプチャルアーティストと多くのプロジェクトを開催。
2011年シカゴ・ステートユニバーシティ・アートフェア上位5位に入選。
2018年2月に自信の日本での初めての展覧会『INTERDIMENSIONAL GEARS』を自由が丘にて開催。

M・A  GALLERY / VOL . 12 

春日井 さゆり 絵画展 / リリヤン

期間: 2018/11/1(木)〜11/30(金)  

※入場無料
PM22:00〜AM5:30[月曜定休]
BAR TIME営業中にご覧頂けます。
目黒・青猫  TEL 03-3711-0612   

《PROFILE》

1987年 名古屋市生まれ
名古屋市立工芸高等学校デザイン科卒
美学校「造形基礎I」修了

今年に入って編み目の作品を作り始めました。当たり前のように服を着ること、腕を通すための穴、首を出すための穴、足を通すための筒、持つための取っ手、液体を入れるための形、そのための形、その佇まいを形づくるように線を引きます。
ものとものが、線と線が作用する空想のリアリティ。
ひとつひとつ編み目を描いていくことは、私と絵との良い関係のように思います。

グループ展
2017 EXHIBITION ”FIVE” Azabujuban Gallery

2016 礎の礎 Azabujuban Gallery

M・A  GALLERY / VOL .11

目黒区立下目黒福祉工房 / 革小物展

 

期間: 2018/10/2(火)〜10/31(水)  
※入場無料
PM22:00〜AM5:30[月曜定休]
BAR TIME営業中にご覧頂けます。
《10/20(土)、下目黒福祉工房のあすなろ祭当日は、あすなろ祭の別館として午前10時~15時まで臨時営業致します》
目黒・青猫  TEL 03-3711-0612   

《工房の概要・理念》

昭和63年5月 通所授産施設として開所し今年で30年を迎えます。
40名のメンバーが日々、革小物製造、焼菓子製造、印刷請負、受注作業請負などの仕事に従事しています。

『働くこと』や『商品』を通じて、多様性と共生の理念を社会に発信するそれが私たちの考えです。

メンバーとスタッフの個性や主体性を尊重し、仕事を通して個々の力を発揮すること、みんなで協力し合うこと、社会が必要とするモノやコトを生み出すこと

これらを大切に、一人ひとりの豊かな生活の実現と、まだ誰も見たことがない、新たな時代が求める地域での暮らしを拓きます.今回の革小物は7名のメンバーで製作しています。革の裁断から染色、縫製など全て手仕事で行っています。

M・A  GALLERY / VOL . 09

清水 笹次 DRAWING展 / FACES

 

期間: 2018/8/7(火)〜8/31(金)  

※入場無料
PM22:00〜AM5:30[月曜定休]
BAR TIME営業中にご覧頂けます。
目黒・青猫  TEL 03-3711-0612   

《FACESによせて》

人物を描くのが子供の頃より、好きでした。アートとイラストレーションと、それぞれ、私塾的なところで習いながら、私の絵はどこかしらその狭間を行き来して描いています。
今回のテーマに選んだfaces。人の顔というのは、一人ひとり違うものです。一人の顔の中にも様々な顔たちがいますし、私とあなたではもちろん違う。あなたの顔は、あなたの友人の顔とも違う。あなたはあなたの顔をしています。しかし、あなた自身の知らない顔は鏡には映らないかもしれません。
顔というのは、その人を認識する上で無くてはならないものです。逆に言えば、顔はぶれない確固たる物として考えてしまう節もあります。けれども、顔というのは年齢を取るにつれ変化を伴い、その時の喜怒哀楽にも印象が左右されます。人によっては、時には自らの顔を演じる仮面にすることさえできるでしょう。そのあなた自身のグラデーションがあなた自身のfaces「顔たち」であり、周囲の「顔たち」でもあるのです。
私の描いた顔たちが、あなたの日常の狭間で、或いは旅先の道端ですれ違った人の顔のように映れば、幸いです。

最近の展示

2018年8月 グループ展 EXHIBITION ” FIVE ”@Azabujuban Gallery

M・A  GALLERY / VOL . 08 

GLAMOROUS☆sweet展

 

期間: 2018/6/8(木)〜7/29(日)  

※入場無料
PM22:00〜AM5:30[月曜定休]
BAR TIME営業中にご覧頂けます。
目黒・青猫  TEL 03-3711-0612

  《PROFILE》

2014年設立。ネット等での販売に加え、東急プラザ表参道、吉祥寺PARCO、その他百貨店の催事等都内、横浜中心の店舗と多岐に渡って出展中。
作家自身、株式会社MARCHEmignonの社長、またハンドメイドアート協会の会長を兼任しており、現在は特に若い作家の育成としてワークショップやイベントの主催を多く行っている。

M・A  GALLERY / VOL . 07

 deparz 展

 

ベビー・キッズ服のデザイナー、貴志仁美による、『deparz』のオリジナル、セレクト商品の展示、販売を致します。

《サンプル品の展示となりますので、受注表にて受付させて頂き、後日受け取りか配送にてお渡し致します。》

期間: 2018/4/5(木)〜5/31(土)  
※入場無料
PM22:00〜AM5:30[月曜定休]
BAR TIME営業中にご覧頂けます。
目黒・青猫  TEL 03-3711-0612   

《PROFILE》

アパレル企業子供服ブランドの企画デザインを経て、2017年kidsとbabyの為のブランドdeparz(デパーズ)を設立。
デザイン、企画、パターン、縫製まで全てを自身で行うオリジナル商品、その他セレクト商品、ヴィンテージやusedの商品を販売している。現在はネットショップとイベント出店などでの販売が中心。今季よりdeparzの為だけに作られたキッズ水着ブランドmer de ruban(メール ド リュバン)のセレクト展開もスタートする。

M・A  GALLERY / VOL . 10 

~yis 須田ユカリ 造形展 / omote  2018

 

期間: 2018/9/1(土)〜9/30(日)  

※入場無料
PM22:00〜AM5:30[月曜定休]
BAR TIME営業中にご覧頂けます。
目黒・青猫  TEL 03-3711-0612   

《PROFILE》

線を操り面を生む空間アーティスト
〜yis 須田ユカリ

《人と人を包み込む空気感を、物質の持つ特性が融合し、脆さと妖しさを兼ね備えた美しさを発する瞬間を求めた》オブジェ制作、空間演出をしています。

私の表現は線の重なり絡み合いから始まります。
線を描く素材、水引、竹ひご、蔓、ワイヤー、コルゲート…を多用し、時に輪になり、束ねられ、一点にまとまり結ばれ、縒られ、弧を描き放たれ…… それは、繰り返し続く人との繋がり縁〜ゆかりを現し、人と場所の間を繋ぎ、紡ぎます。
背景をも取込み生まれ描き出される線描の美しさは、観者の視点、見る位置角度、時間、光と影幾通りもの表情が探れると共に、同じ瞬間は戻らない。
移ろいゆくものを朽ちかけた表現をもって、今しかない時間を切り取る、今ここにある人と場所と時間を感じられる空間でありたいと思っています。

works・パリ セレクトショップ・イタリア パフォーマンスステージ・桂由美 パリコレ・銀座 G735 gallery

・ホテルラウンジ・映画・銀行ショーウインドウ・NHKイベント他…

M・A  GALLERY / VOL . 06

100TH ANNIVERSARY OF JAZZ 杉田 誠一 写真展 / 70s the jazz

 

JAZZ生誕100周年記念として、この度数々の歴史的なJAZZアーティストの撮影をされてきた、JAZZ界の重鎮、杉田誠一さんの写真展を開催させて頂くことに決まりましたのでお知らせ致します。

期間: 2018/1/4(木)〜3/31(土)  
※入場無料    
PM22:00〜AM5:30[月曜定休]
BAR TIME営業中にご覧頂けます。
目黒・青猫  TEL 03-3711-0612   

《PROFILE》

1969年5月『ジャズ』創刊/編集長。
1669年6月サンフランシスコを皮切りにジャズ感情旅行をスタート。その後ニューポート、NY、シカゴ、LA、ニューオリンズ、モンタレー、モントルー、パリ、メールス等を取材。『アサヒグラフ』『毎日グラフ』『メンズクラブ』『ステレオ』等に写真&文を発表

1976年1月写真集『ジャズ幻視行』(アンエンタープライズ)
1978年『ジャズ&ジャズ』(講談社)『ぼくのジャズ感情旅行』(荒地出版)、『ヤマハ音楽通信』『ビデオスポット』アートディレクター、『レーザーディスク・レヴュー』編集長、『LD Xpress』編集長、lVCプロデューサー、ボーズ感性工学リサーチ・サウンドプロモーター等を歴任。
1999年11月『アウト・ゼア』創刊
2006年12月 横浜市白楽にカフェ&バー Bitches Brew for hipsters onlyをOPEN。
2009年10月 金沢ジャズストリート2009にて個展開催

主な著者 『ぼくのジャズ感情旅行』荒地出版

主な編著『ジャズ&ジャズ』講談社、『歴史に見る名盤カタログ』講談社、『シネマLD完全カタログ 』講談社、『アニメLD 完全カタログ』講談社

主な写真集『ジャズ幻視行』『横浜銀蠅おちこぼれ宣言』

主なTV・CF『セントルイス ブルース/ソニーオーディオ・コンポーネント』電通

主なLPジャケット『アンソニープラクストン/タウンホール1972』『オーネットコールマン/パリコンサート』
 『デイブ・バレル/オンリー・ミー』
 『デュークエリントン/イン・パリ』『ミルト・ジャクソン/イン パリ』『モンタレーのニューハード』『浅川マキ/今夜はおしまい/ボロと古鉄』東芝EMI、『横浜銀蠅』キング等々

主なライナーノーツ『ジョン・カサベテス/アメリカの影』『アンドレイ・タルコフスキー/ストーカー』『ルキノ・ヴィスコンティー/若者のすべて/白夜/イノセント』
 『アンリ・コルビ/かくも長き不在』『ルイ・マル/好奇心』『アラン・レネ/去年マリエンバートで』『黒澤明/デルスウザーラ』
 『ヴェルナー・ヘルツォーク/フィッツカラルド』『フェディリコ・フェリーニ/ボッカチオ:70』『ベルナルド・ベルトリッチ/殺し/革命前夜』『ミケランジェロ・アントニオーニ/赤い砂漠』等々

主なLD プロデュース『小津安二郎初期作品集』『ロベルト・ロッセリーニ/無防備都市/ドイツ零年/イタリア旅行』等々

無題.png